最近、会社でのパワハラやストレス等でパートナーとの性行為時に下半身が萎えてしまっていると感じている貴方!もしかするとEDかもしれませんよ。EDなら今や薬でどうにかなります。病院だと恥ずかしいと感じる方はネットでも買えるのでご安心ください。

ED治療薬であるペネグラの連続服用は可能か?

ペネグラはバイアグラと同成分のED治療薬の一種でインドで製造されています。以前までは日本でも販売されている支店があったため購入することができましたが現在ではその支店も撤退し国内の医療機関では入手することができません。それでも他のED治療薬と比べて価格が安いため海外から個人輸入を行い服用しているのが一般的です。ペネグラにはシルデナフィルと呼ばれる成分が含まれておりこれが長時間の勃起状態を持続させる作用をもちます。勃起が成立するためには性的興奮が高まり陰茎海綿体の動脈に血液が充満することが必要となりますが、加齢や不規則な生活習慣、運動不足や過度の飲酒、喫煙などにより糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病にかかってしまうと血管の動脈硬化が促進されてしまい性的興奮を得たとしても十分に血管が拡がらないため血液を充満させることができません。そのため性交渉を行うための勃起状態を成立することが困難となるわけです。シルデナフィルは陰茎海綿体の動脈を拡張させる作用があるため結果血管が拡がることで血液が充満しやすくなり勃起状態を持続させることができます。ペネグラの効果的な服用方法は食事の影響を受けないために空腹時に性交渉の1時間以上前に服用することで30分~1時間後には勃起を自覚しだしその後3~6時間作用が持続することになります。しかしもともとED治療薬は心臓の病気である狭心症の治療開発過程で偶然発見されたものであるため連続服用してしまうと低血圧や意識障害といった思わぬ副作用を引き起こしてしまうことがあります。そのため基本的に心臓に負担をかけないためにもペネグラの連続服用は行わないようにしましょう。

ED関連記事